英語勉強でやる気を出させる

英語勉強でやる気を出させる

 

やる気を出させる英語勉強方法について悩んでいる親御さんが増えているようです。高校・大学・就職と英語力が常に試される世の中になりました。小学校から英語学習が必修項目になりましたので、英語の学習法如何によっては大きな差がついてしまう懸念があります。

 

楽しく学習することがモチベーションアップのための一番の方法なのですが、「勉強」というプレッシャーや整理されていない勉強方法のために、やる気がそがれてしまうことが殆どです。やる気を出させる勉強方法について模索している場合は、塾通いや楽しんで取り組めるメソッドなどを利用することをお勧めします。指導法は学習者との相性にも大きく左右されますので、少しづつ試しながら見つけていきましょう。

 

英語勉強方法のコツ

 

学生時代、英語勉強方法はどのようにされていましたか?ひたすら英文や英単語をノートに記載して、何度も繰り返し読むなどというような方法を取っていたのではないでしょうか。それでもなかなか英語が伸びなかった、という悔しい思いをされた方もいらっしゃるはずです。

 

効率よく英語を身につけるためのメソッドなどが多数販売されています。レビューなどを確認しながら、あなたにとって相性の良いメソッドを利用していきましょう。

 

英語勉強法「書く・読む」以上に「聴く・発音する」ということが大切になります。またネイティブ特有のスラングや言い回しを覚えることで、より英会話が身近になります。苦手意識を持っている方ほど、自分なりの英語勉強方法を見つけることで、力が付きます。

 

日本人がなかなか英語上達できないのは、英語勉強方法のコツをつかみ切れていないところにあると言われています。確かに、なかなか英語力が伸びる勉強の仕方を見つけることができないという方が多いように見受けられます。

 

まずは、1つの英文について、「読む・書く・聴く」の3つの柱をマスターしましょう。単語に関しては、発音記号までも書きうつし、ネイティブの発音と照らし合わせて発音法もマスターします。またネイティブの発音を習得する場合スコットペリー先生が教えるネイティブスピークも勉強になります。

 

英文を意訳して文章を作ることを何度か繰り返すうちに、自動的に英文法も身に付いてくるはずです。この勉強法に関しては時間を多く費やすことも考えられますが、英語がいち早く身につく方法です。できれば、教科書に頼らず、英字新聞を利用するのが「英語らしい言い回し」を習得する近道です。

 

英語勉強方法のやり方

 

英語勉強方法のやり方について悩んでいる方も少なくありません。勉強の方法を間違えてしまうと、英文は読めるのに会話ができない、ネイティブスピーカーの発音が聞き取れないなどというような、英語力の偏りができてしまいます。できれば総合的に学習できるメソッドを用意することをお勧めします。

 

ネイティブで発音した英文を聞き流すだけ、テキストを書きうつすだけ、英単語をひたすら覚えるだけの英語勉強方法を続けているのであれば、今すぐ方法を改めるべきです。自分の性格やライフスタイルにぴったりの学習方法に出会えないという場合でも、「読む・書く・聴く」を総合的に学習できる方法を見つけましょう。これにプラスして、辞書で単語の意味を調べることや、発音記号に基づいた発音法を覚えることで、英語を体にしみこませることができます。

 

英語勉強方法で効率を上げる

 

英語勉強方法で、効率を上げる方法がなかなか見つからないという方がいらっしゃいます。実は効率的な英語の勉強の仕方も存在していますが、それを会得するまではかなりの回り道をされる方もいらっしゃるようです。一番必要なのは、集中力です。その次に、新しいテキストを利用するのではなく、過去に自分が解いた問題などを再びおさらいするつもりで何度か解いていくことです。自分が分からなかった単語や文法に関してクリアにしていくことで、自分なりの効率のよい勉強法が見つかります。

 

読む・書く・聴く・覚えるなどの基本を忠実にこなしていくことで、英語学習に関する気付きが見つかります。やみくもにたくさんの問題を解くよりも、過去問を解くこと・集中力を高めるために短時間で問題を解く工夫をすることが大事です。